ニキビ予防

ニキビ予防は日々の積み重ねと再発防止但し洗顔とコメド対策
一度できたニキビはなかなか治りづらい!ニキビを再発させないためのニキビ予防は毎日の積み重ねが大事です。白ニキビであるコメドや赤ニキビにならない自宅で簡単に出来るニキビケアやジェルや塗り薬特集
TOP PAGE > ニキビ予防で大事にしないといけないのは、

最終更新日:2017/10/21

ニキビ予防で大事にしないといけないのは、

ニキビ予防で大事にしないといけないのは、菌が住み着かない環境をつくることです。

ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。いつもに清潔にできるように意識していきましょう。

吹き出物を予防するために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。

季節季節、の旬の果物を必ず食べています。

果物を食べるようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。便秘が治ったのも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと推定できるかもしれません。

顔にできた赤ニキビが炎症を起こした場合、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけでも痛いと感じるようになります。

ですから、赤ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になるからといって指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ると痛いのももちろんですが、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。白ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20歳からは吹き出物と言うのが普通なんていう話をよく聞きます。先日、珍しく鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「もう赤ニキビじゃないでしょ?」と、バカにされてしまいました。

このところ、赤ニキビを重曹でケアできると注目が集まっています。

弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を混ぜたもので洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。

ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

妊娠の初期はホルモンバランスが乱れてしまうことから白コメドができやすくなってきます。

また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビができる原因の一つになります。しかしだからといって、抗生剤といったものの使用は出来ません。

正しくホルモンバランスを整えていられるように、この時期にはまずリラックスをして、休養するようにしましょう。

Eclat Charmeといった最近はニキビケア専用の洗顔フォームや化粧水など、赤ニキビケアに効果的とされている商品がマツキヨなどのドラッグストアなどの店頭で販売されています。

でも、品数が多いため、自分のニキビに合う商品を探し当てるのは至難の業です。お試しのサンプルなどがあれば試供品を使ってみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするとベストだと思います。

赤ニキビ対応に栄養管理が必須です。

脂質や糖質を多く含有している物を取り過ぎることは吹き出物の原因になります。チョコなどのお菓子は脂質も糖質も多く含むので、あまり摂取し過ぎないようにした方が無難です。カカオの含まれる率が高くて糖質の少ない物はお肌にも良いので、何としても食べたい時には成分表を目に入れましょう。角栓で毛穴が詰まることが、ニキビができてしまう理由のひとつです。

ついつい指で角栓を押して出してしまいますと、それが原因となってニキビ跡ができてしまいます。

角栓のない肌でいるように、それを悪化させないようにするには、肌の保湿をしっかりすること、毛穴にあまり皮脂が溜まらないようにすることが、重要です。

典型的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが関係しています。

女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じるとすぐに乱れてしまうということがわかってきました。

また、中でも生理前は女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。

ニキビに悩まされる女性が増えるのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

肌の潤いをキープしつつ、メイクを落とすことがニキビケアには必須です。

大人白ニキビの場合はひときわ、乾燥はもってのほかとされているため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。

それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。

ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、乾燥知らずの肌のままに汚れを落とせるので、効き目のあるニキビケアになります。

白ニキビを搾ると、そこから膿が出ます。

さらに、潰すと芯がその中から出てきます。

それがニキビの原因なのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決して良い方法ではありません。

無理やりに潰してしまうのですから、また一段と炎症は広がることとなります。

ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけて気長に治していきましょう。ニキビは食べ物と密接に関連しています。

食生活を見直すことはニキビの症状も良くなっていきます。

食事は野菜中心の献立にして、なるべくビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘解消にもつながることから、ニキビの減少につながります。10代の期間、チョコレートやスナック菓子を多く食べると翌日にはニキビが現れていました。食べ物がここまで影響するんだ、と思ったものです。

それから後、年齢が進むとともに食べ物にも注意するようになり、チョコやスナック菓子などは食さないようにしています。そのおかげか赤ニキビも完全に現れなくなりました。

私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、あまりにも見苦しい状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。

先生から、塗り薬を出しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。

ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、強い薬の為、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少量にしていく必要があるそうです。ニキビが出来た後によくあるのが肌がくぼんでしまうクレーターや肌が黒っぽくなることです。

クレーターの悩みはきちんと治療できる皮膚科で医師に相談しないとなくすことはできませんが、お肌の黒ずみの治療は美白効果のある化粧品で少しずつ薄くする事ができるのです。

吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改革に取り掛かることをお勧めします。

ニキビができる要因としては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を摂取する事が考えられます。そういったものを一切食べないというのは簡単ではないですが、野菜や発酵食品などを大量に体内に取り入れる事によって消化能力が向上し、体質が良い方向に変わることにも繋がります。ニキビがひどくなった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。ピーリングの時には、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。それで、怖くなってしまって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、ヒリッとした感覚が消えて、とてもきれいに白ニキビが改善できたのでした。

その後は、ニキビを見つけるとピーリングを行うようにしています。

徹夜ばかりしていたらニキビをみつけました。

私はすぐニキビができる方なので、わずかでも肌に負担を感じるとニキビで顔がぶつぶつするのです。

だから、忙しかろうとなかろうと、できる限り早く寝てしっかりと睡眠時間をとるように注意しています。睡眠不足がニキビの最も大きな原因だと思います。ニキビは男性、女性にかかわらず嫌なものです。

ほんのわずかでもニキビを作らないための方策をとっている人は大勢いると思います。

ニキビができてしまった肌への対処法の一つに水で洗顔する方法があります。

ニキビができた途端に、洗顔を何度もしてしまったり、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔したくなりますが、これらはNOなのです。

知らないだけかもしれませんが、赤ニキビに効果がある飲み物は、まだありません。

しかし、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、控えた方がいいということです。

実際、ニキビと肌荒れは違うものですが、肌に良くない事をすると、白ニキビをひどくする原因にもなりかねないのです。酷い状態のニキビとなると、芯を持ったような感じで固く、触ると痛みを感じるといった症状になります。

白ニキビが出来たら、なんとなくその箇所を確かめたくなって触りたくなってしまいますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい長引く原因となるので、メルラインといった赤ニキビケアのクリームなどでケアをして、清潔に保つようにするのが良いようです。

ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、いじって中身を出してしまいます。

ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがとっても好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。

そのニキビの後を見ると、もう白ニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。

冬は乾燥が気になって色々とお肌のお手入れをしますが、そのようにすることが反対に皮脂腺の炎症が増加する原因を作り出しているように考えることがあります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。

おでこにニキビが出来たりすると、どうしてもつい前髪で隠そうと思ってしまいます。

しかし、そういったことはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、できるだけ前髪で隠すというようなことはせずに髪がニキビに触れることがないように刺激を与えないことが重要です。

関連する記事はコチラ

◎メニュー

◎メニュー

2015 ニキビ予防は日々の積み重ねと再発防止但し洗顔とコメド対策 All rights reserved.